ブログパーツリスト

  • ユニクロカレンダー
  • ギターコードブック
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック


-天気予報コム-

旅行・地域

2017年1月18日 (水)

2017年 初詣で

2017年1月4日(水)

P_20170104_1235222

アップが遅くなりましたが、1月4日にシクロさんと初詣サイクリングにいってきました。

上の写真は日野市にあります「高幡(たかはた)不動尊」の五重塔です。
多摩川サイクリングロードを利用して行けるのでとてもよいコースでした。
境内はやはりすごい人出で、露天商の屋台が乱立しているあたりは縁日のお祭りのような賑わいでした。
P_20170104_1207412

とはいえ、ここはお寺なので詣でにはやはり神社にも行きたい…ということで、今度は府中の「大國魂(おおくにたま)神社」へ向かいます。

途中で寄り道して激坂で有名な京王「百草園(もぐさえん)」の旧松連坂へ。
P_20170104_1324422
短いけれど15%以上はありそうな、なかなかの坂でした。
途中から勾配が急になるのですが、そのあたりの路面が悪いので走行には十分注意したほうがいいです。   
P_20170104_1337022

このあたりは日野市の管理する雑木林があり自然環境に恵まれたよいところで、とても小さな牧場もあったりしてたのしいところでした。
P_20170104_1422522
「大國魂(おおくにたま)神社」は、想像を越えた人出で参拝しようにも本殿まで簡単にたどり着けませんでした。
そこで、次回ゆっくりと再訪して参拝しましょうということにしました。
そのほうが、また来る楽しみにもなりますし、ここ府中には街をはじめいろいろとおもしろそうなところがたくさんあるので…じっくりポタでも企画して見てまわりたいと思います。
東京に来てからというもの、シクロさんにはほんとにお世話になっていて感謝しきりです。
今年もいろいろお世話になると思いますが、よろしくお願いいたします。

2016年3月 7日 (月)

関東圏は素晴らしい

東京に移り住み、そろそろ1年。

仕事で毎日自転車に乗れるし、知らない街が徐々に解っていく…謎解き感覚で満たされて、本人はとても幸せな日々を送っています(笑)

おかげさまで、関東圏は道路・鉄道と、かなり掌握できてきました。

埼玉県東部から千葉県北部は、ほんとに平地が多く…たしかに中途半端な景色(自然と生活圏)のためサイクリングに向かないという意見もあるようですが、実際走ってみると魅力的な場所も多々ありますし、もっと詳細に下見すれば素晴らしいサイクリングコースも作れそうな感じがしています。
 
 
いま仕事で1日あたり平均して距離50km以上、自転車で走っています。
そんな毎日のなか、偶然素晴らしい景色に出会うことがあります。
 
P_20160108_155939_hdr2
この写真は利根川右岸、長豊橋からすこし安食よりの場所で撮った夕日です。
スマホのカメラ機能「HDR」をオンにしたら偶然、こんな乾いたカッコイイ一枚が撮れました。

P_20160302_174833_hdr3
これは牛久沼の夕焼け。
土浦で仕事が終わり国道6号線で柏駅まで走ったとき、沈んでいく夕日があまりにも魅力的で30分ほど撮影会しました(笑)

P_20151225_1406032
これは入間川のサイクリングロード。
こんな青空の下で自転車乗れるなんて最高です。
しかもお給料まで貰えて…w

雨に降られるとか大変なこともありますが、終日雨天以外は大抵自転車で移動しています。

これからもきっと素敵な景色に出会えるでしょう。
関東圏をもっともっと走って、いい写真をたくさん撮りたいです。

2016年2月29日 (月)

房総半島 2日目

2016年2月28日(日)

参照 ルートラボコース

P_20160228_0742252

宿泊した「民宿はやし」さんは、木造なのに入口横に洋館風の部屋がある和洋折衷建築だった。
その部屋にはアップライトピアノとウクレレとマンドリンが置かれていた。

女将さんはとても元気で気さくな美人さんで、趣味でこのウクレレを毎日練習しているそうだ。

P1090311
朝食はアジのひもの付き。

出がけに水ボトルを忘れて引き返すなどして、ようやく出発。
女将さん曰く「なぜか自転車の人は銚子から来る人が多いのよね~」と。

この言葉の意味があとから解ることに…(笑)

P1090314

走り出すとだんだん風が出てきた。
北風と東風が交互にくる…ほぼアゲインストだ。

「なるほど、だからみんな銚子から南下して走るのか…」
気がついたときはすでに時遅し(笑)

P1090317_2

トンネル、湾、トンネル、湾、トンネル…
海沿いの道は楽しいなあ~ははは。

P1090327

勝浦市に入ると墨名(とな)の交差点に雛壇が現れた。

P1090324

「ビッグひな祭り」というイベントが開催中のようだった。
このパフォーマンスは各地で同時に行われているようで、ちょっと自転車を押して商店街のほうも散策してみた。

P10903342

田舎の露地もの野菜って、おいしいんだよなあ~
リュック小さいから、買っていけないのが残念無念。

P10903362

ひものも安いなあ~!

P10903382

ふむふむ「さんが汁」というのがあるのか…

P10903442

地酒もあるようで、勝浦ってなかなか良い雰囲気。
小湊鉄道が五井から、いすみ鉄道で大原までがつながっているので、ローカル線で一泊するなどして遊びに来るのもいいかもしれない。

P10903522
覚翁寺前の雛壇

もう3月はすぐそこ、春もすぐそこにきている。

P10903582

部原(へばら)の豊浜海水浴場付近。
海辺にあるデニーズの鮮やかなカラーリングが夏のビーチを連想させる。

P10903682

海には波を待つサーファーのボードが仲良くならんで浮かんでいた。

P_20160228_1016032

部原(へばら)海岸付近から、御宿の岩和田あたりの突き出しを望む。
ちょうどいい高さで砂浜も見下ろせるいい撮影スポットだった。

地図で見るとお寺や神社が密集しているようだ。
また別の機会に、あの付きだしたところも行ってみたい。

P10903822_2

そしてまたトンネル(笑)
アゲインストの風が次第に強さを増してきた。

がんばって踏むが、到底時速25km/hには達しない。

大原を過ぎ、太東海水浴場のあたりから九十九里浜が始まる。
道はここで国道128号と別れ、県道30号「九十九里ビーチライン」へと進む。

時計を見ると12時をまわっていた。
そろそろランチタイムだ。

P_20160228_1301202

九十九里浜の古民家食堂もちづきで、なめろう定食を注文。
店内は満席のため店前の屋外ウッドデッキで…青空の下で食べるのもなかなかいい。

「味が付いてるので最初のひとくちはそのままで」と言われたので食べてみると、なるほど優しい味付けでさっぱりしている。

そのあと醤油、お酢といろいろ試して食べる。
半分食べたところで、ご飯をお替わりし、つみれ汁の出汁でお茶漬けにして戴いた。
満足満足。

P1090396

横芝光町(よこしばひかりまち)の木戸浜交差点。
以前、ジョージさんと走ったときこの看板を見たような気がしたので、これで千葉県は銚子までと利根川で県境をぐるっと走ったことになった。

残りは和田浦から野島崎~洲崎~館山と、金谷から木更津まで走れば、千葉県一周となる。

堀川浜交差点から飯倉駅を横切り国道296号で多古(たこ)~酒々井(しすい)~佐倉~勝田台~西船橋と走って終了。

国道296号は追い風で急にペダルが軽くなり時速35km/h巡航に(笑)
2時間30分で西船橋に到着した。

風の影響力は大きいですね…。

P1090399_2

走行距離 163.21km
平均速度 22.5km
走行時間 7時間15分











房総半島 1日目

2016年2月27日(土)

朝5時20分に目覚めた。
この時点でエントリーしていた「BRM200 しおかつお松崎」はDNS確定。
3時に5分ずつずらして3回アラームセットしていたのだけれど、見事に熟睡していたようだ(笑)

しかし200km走る気持ちだけは暴走している。
「どうしようか… この暴走を…ぼうそう…房総!そうだ房総に行こう!!」
(な、わけあるかいw)

準備をして7時30分に出発。

コースはこちら
http://yahoo.jp/mw8-7J

川崎から国道15号で横浜へ。
根岸あたりまでは仕事でよく通っているがその先に土地勘がない。

国道357号はとても広くて走りやすい。
金沢柴町で右へ曲がると、まもなく海の公園が現れた。

P10901892
海の公園 砂浜越しに八景島シーパラダイスが見えた。


P10901912
野島町から田浦へ抜ける途中には隧道があった。


田浦、横須賀と国道16号を走るがトンネルが多く、舗道は狭く歩行者が多いので、車の流れに合わせて車道をいく。

平成(heisei)という地名の看板で、よこすか海岸通りへ。
ここはショッピングセンターなど多数があり休憩もできそうだ。
道も非常にきれいでとことん走りやすい。

P10902022
観音崎の坂を上りぐるっと一回りするとこんな景色。

浦賀で鋭角に左折する。
(ところが私は間違えて直進してしまった…笑)

P10902102
すぐに久里浜のペリー公園に着いた。
奥にはペリー記念館があるが今回はパス。

P10902162
公園の手前にある黒船食堂でランチ。

P1090224_2
アジフライ定食。サクッと揚がってよいアジでした。

P1090226
東京湾フェリーターミナルに到着。
一階にはレストランがあるので、ここで乗船までの時間をつぶせる。

P1090228
バイク、自転車はこの位置で順番待ち。

P1090232
自転車は1210円(旅客運賃含む)。
他のローディーさんたちは輪行袋に入れていたので、そうすれば旅客運賃だけとなり720円で利用できるみたい。

P1090233
時刻表、1時間に1便。所要40分。

P1090240
14時20分の便に乗船。

P1090255
陸地が近いので風景も楽しめる。

P10902601
東京湾・浦賀水道にはたくさんの船が、こちらも景色として楽しめる。

P1090250
ラウンジ

P1090258
客席室

ノープランで家を出たので、宿泊先が決まっていない。
スマホで楽天トラベルから宿を探すと1件だけ今日泊まれる民宿があった。

鴨川の一駅手前にある太海駅すぐの「民宿はやし」に予約をいれた。

もし見つからなかったら、木更津・千葉方面へ走り電車輪行で帰宅するつもりだったけど、これで予定がまた変わったので、明日は太海から九十九里浜を通って木戸浜あたりまで走ることにした。

P1090265
フェリーは金谷港に到着。

女性ライダーさんと世間話。
彼女のバイクは新車だそうで、シェイクダウンで館山へ行くと言っていた。

P1090268
国道127号を南下して南房総市入り。

P1090270_2
本当のことを言えば、館山から県道257号、国道410号を通って野島崎灯台を巡りたかったけど、それだと距離が85km。
宿に間に合わないので国道127号~128号の50kmルートで進む。

P10902732

記録を見ると、2009年3月20日(金祝)に千葉のジョージさんと松尾駅から太平洋側に出て銚子まで70km走っている。
翌日は利根川沿いに松戸まで137km走ったので、この区間の千葉県境走破は達成している。

P1090276

残りの部分を走れば千葉県一周したことになるので、やはりいつか野島崎灯台へは行かなくてはならない。

P1090278

思えばアンカーさんと最初に出会ったのが、2009年3月21日の銚子駅前だった。
このとき彼はハイエースでやってきて、私とジョージさんが利根川を自転車で走るのをサポートしてくれたのだった。

その後、自転車四国遍路や北海道東の旅、広島~江田島の旅と、アンカーさんは私のかけがえのない友人になったのだ。

P1090288

そういう意味では、私にとって千葉県は人生のターニングポイントとなった場所かもしれない。

P1090293
17時45分
太海の「民宿はやし」に到着。

走行距離 125.93km
平均速度 21.5km/h
走行時間 5時間49分

P1090295
夕食が予約出来なかったので、すぐ手前の「まるよ食堂」で夕食。

P1090299
野菜炒め。ヤサイタップリ!新鮮でシャキシャキ美味しい。

2015年11月 2日 (月)

BIKE TOKYO 2015 参加

2015年9月20日(日)

ちょっと前のはなしですが、ハマーさんが東京まで遠征してくれて一緒にBIKE TOKYO 2015 にエントリーしました。


P_20150920_0820502

コースは50kmエントリーですが、実際には48kmくらいの走行距離かな…。
都内を走るのですが、コース取りが面白くまだ自分も走ったことのないところがたくさんあって面白かったです。

P_20150920_0800152

この春、東京に来てからずっと芸能人にお目にかかったなかったのですが、この日はじめてヨッシー(吉澤ひとみ)さんにお会いできました。
とても細い方でやはりオーラが違いました…素敵な方でした。

P_20150920_082517_2

これはハマーさんにとってもらったスタート前の写真です。
コース走行中は自粛して撮影しなかったので、今回はそういった風景写真がありませんので、まあこれでご勘弁くださいw

P_20150920_1118252

都庁前の補給で撮影。
みてのとおり青空に雲一つなく、とてもすがすがしい一日でした。

P_20150920_1312452

ヨッシーさんも自転車乗りの芸能人としてご活躍されているようですが、華奢な体からは想像できないほど長距離(128km)も走ったことがあるとおっしゃっていたので、これからも持ち前の根性とチャレンジ精神を発揮して、未来を切り開いていってほしいなと思います。

同じ自転車乗りファンとして応援いたします。

そして、東京へ来てくれたハマーさんにはとても感謝しています。
こんどは年末年始にわたしが名古屋へ帰省しますので、その折はまたぜひ一緒にお付き合いください。

by.moris

ヨルクライム大井町編

えっと、番外編です(笑)

シクロさんと大井町で親睦会しました。

P_20151018_1847522

この大井町って、東急駅の東側にものすごくディープな小路地が存在するんですよ。
そこにある超庶民の味方的居酒屋…今回はわたしが実地調査いたしまして、選んだ店がここであります。

P_20151018_1839582

19時に待ち合わせたのに、お店に入ったときにはすでにほぼ満席で、すさまじい人気ぶりが伺えます。
マグロの刺身、キュウリサッパリ漬け、もつ煮込みなどなど…注文し生中で乾杯です。

P_20151018_1839522

ホッピーにハイボール…お酒メニューが安いということ自体すでに庶民の味方ですね。
(たいていの店はお酒メニューで儲けてますから…)

P_20151018_1839452

見てこのメニュー…喜びのあまり涙がでてきそうです!

お会計は…ありえないくらい安かったです(^_-)-☆
また来たいですねw

裏尾根幹

2015年10月25日(日)

尾根幹(おねかん)とは通称で、正式には南多摩尾根幹線道路。
起点:町田市小山町~終点:稲城市百村らしいです。

この道は自転車乗りさん達がよく走る道としてしられています。

今日はこの道を含めた、周辺の裏道をまわるコースをシクロさんと走ります。
(コースは、はっちゃんにルートラボいただきました…感謝)

P_20151025_0856472

シクロさんと走るときはたいてい二子玉川のGIANTで待ち合わせします。
この日はすこし風が強かったです。

P_20151025_1105222

シクロさんの案内で関戸橋の南側までは多摩川の南側(神奈川県)を走りました。
途中、偶然ヒルトップという自転車さんをみつけ、マスターとまったり談話タイムw
今年5月からここで営業しているそうです。

P_20151025_1131342

新大栗橋交差点からルートラボビュワーにそってジブリ映画「耳をすませば」のモデルとされる聖蹟桜ヶ丘のつづら折り「いろは坂」を上ります。
距離は短いですがなかなかの斜度とクネクネ度でした。

P_20151025_1143302

この、いろは坂は何とバス通りで、いろは坂通りという名前までついていました。
なかなかの勾配ですがバスが上り下りできるので、このあたりにすんでらっしゃる方にとっては便利な存在ですね。

P_20151025_1137522

そして、この道には「ラウンドアバウト」があります。
シクロさんの話では東京都内ではここだけだそうですが、わたしも実際に見たのは人生で2回目くらいです。

P_20151025_1136272

その横には船の舳先のような郵便局もありました。

P_20151025_1334212

一端、尾根幹へでて西へ進みます。
南多摩斎場入口交差点を左折し、最初の信号を北進するとあれよあれよというまに景色が田舎に変わりましたw

P_20151025_1340142

ここには鶴見川の原流となる湧水池もありました。
滾々と湧き出る水で池の表面が波立って、透明度もあるきれいな姿にしばらく見入ってしまいました。

P_20151025_1350422

白い土蔵、柿の木、里芋畑…
ここもまた東京都とは思えない自然豊かな風景でした。

P_20151025_1355502

バス停のそばに古い広告板が貼られたレトロな待合室を発見。
今は新しい住宅も増えているこのあたりですが、ここだけはちょっとしたタイムスリップで過去へいける感じがしますw。

当時のお店はもうとっくにないんでしょうけど…。
P_20151025_1526422

帰りは多摩サイを走りました。
シクロさんはこのあたりの橋の上から見渡す景色が好きだと言ってました。

わたしもこの日、東京に来て初めて富士山を肉眼で見ました。
晴れ渡った日はとても景色が遠くまでよく見えます。

そう思うと、これからの季節もサイクリングが楽しみになりますね。

2015年4月17日 (金)

公園めぐり

やっとというか、晴。

今年の春もなんだか異常気象ですね…。
この貴重な晴れ間を生かして世田谷区、杉並区の公園へポタリングしてきました。

P10501892

まずは和田堀公園。

大勢の俄かカメラマンが対岸の茂みを狙っていたので「なにかいるんですか?」と訊いてみると「渡り鳥がきている」と…珍しいことらしく、みなさん気長に茂みから出てくるまで待っているというわけでした。

P10501922_2

善福寺川(ぜんぷくじがわ)に沿って荻窪方面へ向かいますが、この川ものすごく蛇行していてかなり遠回りです(笑)

でも雰囲気はとてもいい。

P10501952

また時間のあるときに、東京の川を全部走ってみたいですね。

とはいえ、都心部では暗渠(あんきょ)になっていることも多く、なかなか水源から河口まで全行程を探すのは難しいかもしれません。

この善福寺川は善福寺公園から神田川に合流するまでと、はっきりしているのでわかりやすいほうですね。

P10501992

荻窪からはJR中央線に沿って西荻窪、吉祥寺へ。
京王とかは駅舎や周辺の町もオシャレな感じがしましたが、このJR中央線は駅舎も周辺もローカルな感じでした。

P10502002

そしてこのあたりはディープな飲み屋さんも多そうです。
自由が丘へはよく行くのですが、それとは対照的な印象で面白いです。

P10502032

中央線沿いの道路はところどころで途切れていて、そういうところでは自転車の人たちはみんな高架下の駐車場内を走っていました。

P10502062

吉祥寺の町は大きいですね。

道路幅も広いし高いビルも多い。
こうやって東京に住むと自分自身、街の見方もだいぶ変わってきているなと感じます。

P10502072

井の頭公園に到着。

P10502222

ここは昨年もきましたが、全部見てまわっていなかったので今日はもうすこし新しい発見を求めて。

P10502172

池に浮かぶようにしてある、井之頭弁財天。
つまり弁天さんですね…羽衣を着た美しいお方です。

P10502112

その井之頭弁財天を眺めながら家で作ってきたエッグサンドを食べます。
自画自賛ではないですが、卵が半熟でトリュフソースかけてあるのでとても美味しくできました。

P10502292

井之頭池は神田川の水源です。
池の最上部にはこのような井戸があります。

立札を読むと「御茶ノ水」の由来がこの井戸であると書いてありました。

P10502302

看板には東京都と書いてありますが、井の頭公園は三鷹市に位置しています。
さらに面白いことに、吉祥寺駅は武蔵野市にあり、西荻窪は杉並区という…なんだかちょっと入り組んだ関係になっています。

P10502362

井の頭池は東側で神田川となり京王線「井の頭公園駅」の架橋をくぐっていきます。
ここも古い自然がそのまま残っているような雰囲気がありました。

P10502462

おや?川の中にはちょっと面白いことがしてありますね。

P10502472

この下へ降りられるわけではないのですが、このようなデザインがされていて、目を楽しませてくれてますね。

P10502582

八重系の桜はまだ今が見ごろと咲き誇っています。
こうして写真撮ってるひともいましたね。

P10502612_2

久我山付近でも川の中にこのようなデザインが…京王線沿いはオシャレです。

P10502652

久我山駅のすぐ隣には京王電車の操車場がありました。
このあたりはなんだか涼しそう。

P10502682_2

ずっといい雰囲気で来ましたが、高井戸駅で環状8号線が立ちふさがり、神田川とはここでお別れです。
(またの機会に、じっくり全行程を走ってみたいと思います)

環状8号線を南下していたら右手に大きな公園を発見。

P10502722

都立 蘆花恒春(ろかこうしゅん)園だそうです。

P10502712

掃除していた係りの方に話を伺うと、蘆花記念館と蘆花恒春園の二つのエリアから成り立っているとのこと。
遊具のようなものはあまり見当たらず、ここも自然がそのまま残された感じがしました。

とても落ち着ける場所です。

P10503462

さらに環状8号線を南下していよいよ「砧(きぬた)公園」です。
この公園は地図で眺めていたときからずっと気になっていました。

P10502752

かなりの広さがありますし、ネット上で検索した写真がなかなか良くて、期待高かったのです。
そしてこの公園にはサイクリングロードもありますので、そちらも気になっていました。

P10502872

公園内にある世田谷美術館脇にある、おおきなくぬぎの木です。
P10502962

いいなあ…青春してますね~(笑)

P10503032

吊り橋もありました。

P10503102

サイクリングロードはこんな感じです。
公園の西側にはゴルフ場かと思えるくらい大きな芝生地帯が広がっています。
適度に大きく古い木がそのまま残っていて、見渡す限りの自然…もうここは東京じゃない感じがします。

P10503202

今日一番の収穫がこの写真。
サルスベリの木でしょうか…垂直に上に伸びた枝たちが何とも不思議な光景です。

この場所、気に入ってしまいました。

P10503122

また来たいと思います。

2014年10月21日 (火)

ぐるりん

2014年10月19日(日)

深谷産業さん主催の「第10回 渥美半島ぐるりんサイクリング」に参加してきました。
今回も、朝4時20分にハマーさんの車に便乗させていただきました。

90kmの蔵王山登頂Aコースにエントリーです。

P10306152

7時45分
受付は7時からです。
今回ゼッケンシールなどはなく、腕に着けるプラスティック製の赤と青のバンドが参加証明でした。

P10306282

一見、平地を走るイベントのように思われていますが、激坂もあるのがこのコース。
とはいえ、全体を考えてスピードの乗りやすいPINAで走ります。

P10306352

蛍光イエローのベストを着た大会ボランティアの方々。
この方達のご協力も有り運営が成り立っているのですね。
ありがたいことです。

P10306412

8時43分
8時30分頃からスタートは小分けに始まりました。
長蛇の列に並び、私たちはその15分後くらいに出発でした。

P10306572

9時14分
ローアングルでたいちょさん、脚もすっかり回復してぐんぐん走っていました。
「調子が良くて走るのが楽しかった!」と本人談w
ほんとによかったです。

P10306692

9時50分
蔵王山の第一チェックポイントでSPEED RABOの方々と一緒になりました。
ちょうど蔵王山を下りたところで、わたしの後輪がパンクし修理しているとSPEED RABOの方々が手伝ってくださり大変助かりました。

てつさんがボンベを使ってくださって空気もあっというまに入りました。
この場を借りてお礼申し上げます、てつさんありがとうございました!

SPEED RABOさんたちって走るのに徹しているチームというイメージが強かったのですが、実際お会いするととても親切な方が多いのですね。

P10306762

SPEED RABOさんのチームジャージを着たメンバーは、ラブさん、てつさん、ぴょん。さん、MAXラボさん、たいちょさん、せんたくだんなさん。

ジャージは赤と白が縦半分になっている大胆なデザインです。

P10306882

11時06分
ラブさんの先頭で、わりと高速で走るのですが、発進をゆっくり…徐々に加速してくれるので終始ついて行きやすくとても爽快に走れました。

しかも後続が離れすぎると声をかけてくれて、全体をちゃんと見ていました。さすがです。

P10306922

ハマーさんはいつも殿で面倒見がいいのです。

恋路ヶ浜付近では通路前に落ちていた誰かのグローブをちゃんと拾ってチェックポイントの大会係員に落とし物として渡しているんですからね。さすがです。

P10306962

たいちょさんと、てつさん。
こうやってすこし離れすぎたら止まっては合流する…を繰り返します。

P10307012

サニ太さんともお会いしました。
パンダのかぶり物してる太いタイヤのMTBの方達と一緒に走っていました。

P10307152

11時28分
浜辺に出たポイントで集合写真。(サニ太さん撮影)

P10307242

せんたくだんなさんのスペシャはカーボン+ゼルツのフレーム。
試乗させていただきましたが、立てに突き上げる振動が横に分散されているような感じでたいへん乗り心地がよいバイクでした。

前膝に負担がかかるというので、後半シート高を上げる調整をしてあげました。
これですこし走りやすくなったかと思います。

P10307562

13時00分
恋路ヶ浜をバックにSPEED RABOさんたち。
後ろ向きに仁王立ちしてるのはMAXラボさん…海!って感じ(笑)
ガッツポーズが、ぴょん。さん…かな?

P10307582

13時15分
チェックポイントでは各所でワッフルやバナナやメロンが配られていました。
箱入り天然水の補給もありましたが、なぜかあまり美味しいって感じない水でした。

P10307642

14時34分
今回のAコースは路面の良くない箇所や歩道などを走らされることが多いと感じました。
第10回ともなると公道を走ることに地元のクレームなどが増えてくるのでしょうか?
わたしはこういう道、嫌いではないんですが…23Cのロードの方は気を遣いますよね。

P10307792

15時40分
殿のハマーさんゴールで全員そろいました。
スタンプ押して、くじ引きして、豚汁食べて~(笑)
SPEED RABOさんたちと挨拶して解散です。

P10307862

解散後、私とハマーさん、たいちょさん、せんたくだんなさんの4人で豊橋の「極楽湯」で汗を流して夕食しました。

みなさんお疲れ様でした。
そしてハマーさん、運転ありがとうございました。

走行距離/94.80km
走行時間/4時間23分
平均速度/21.5km/h

2014年10月18日 (土)

さらば東京

2014年10月12日(日)

なんかタイトルのセンスが良くないかな…(笑)

東京遠征時はいつも赤羽の、いしまさ氏宅に泊めてもらってるのですが、今日はいしまさ氏の「とうきょう夢舞マラソン」出場に付き合ってスタート地点である日比谷公園までお見送りです。

P10305532

8時23分
日比谷公園にはピンクのシャツを着た人がいっぱい…これは出場者に配られるシャツで、いわゆる参加者証明の代わりだそうです。

会場内を歩いていると偶然いつもチャーミングな、るいさんを発見。
「よ~しナンパしてやれ~」と挨拶すると、そこにすやまさんもいて、どうやら「夢舞ポタリング」の方にボランティアでスタッフとして参加されているとのこと。
そういえば、さっきシルバーのKHS押し歩いていた人、ザマさんにそっくりだったけど…
るいさんに訊いたらやはりザマさんだったらしい(笑)

いしまさ氏を応援して送り、私は国道15号でとりあえず横浜方面へ走り出しました。
とくに何も考えてなくて…(笑)なので写真はありません。

横浜まで付いたけど、ここまで道も広くて走りやすかったです。
まだ走り足りなかったので、ここからは国道1号線で西へ。


P10305622

12時18分
40代くらいの女性に「大磯駅はどっちですか?」と訊かれたので「もしかして私をナンパですか?」とは言わずに、スマホのマップで探して教えてあげました(笑)
その場所が丁度ここ「北海道らーめん壱龍」の前だったのでラーメンを食べることにしました。

P10305642

いつもだったらコッテリ系の味は苦手なのですが、なぜだろう…今日はものすごく美味しく感じる。ナンパされたので心が躍っているからでしょうか?w
函館しおとんこつ?とかいうラーメンだったかな…これ。

昼食後、スタートするとすぐに私をひとりの女性ローディーさんが追い抜き、なぜか信号のたびに一緒にとまり、そのうちその人が私にハンドサインで「ストップ」とかいろいろしてくれるようになって…

なんか今日はモテモテな一日(笑)

P10305672

13時23分
小田原のまちに到着。

P10305702

今日はお祭りなのか、至る所で路上ライブやってました。
最近流行の地元アイドルでしょうか、小田原ジモドルの「ぷらむ〇ガーデン」が、がんばっていました。

13時40分
小田原駅前に到着。
輪行収納作業を始めると、となりに座っていた若い女子二人が私に声をかけてきました。

「いまから歌うので聴いてもらえますか?」だって!

P10305802

快諾して聴いてあげた歌は、MIWAさんなど流行の曲でした。
しかも彼女は伴奏なしで堂々と歌います。(もうひとり娘がスマホで撮影してました)

若いって、いいなあぁ~(笑)

ガンバッテねという気持ちをこめて、手拍子いれてあげました。
そしてさっき電車で食べようと思って小田原の街で買ったパンケーキ、彼女にあげちゃいました。
ま、歌のお代ということで(笑)

さらば東京!
さらば小田原!

See you again !

より以前の記事一覧