ブログパーツリスト

  • ユニクロカレンダー
  • ギターコードブック
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック


-天気予報コム-

日記・コラム・つぶやき

2017年1月 4日 (水)

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます(^-^)
今年は酉年。
みなさんが元気に羽ばたき躍進の年となりますよう心より祈念しております。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

※2016年の年間走行距離報告
1月  634km
2月 1,245km
3月 1,154km
4月 1,248km
5月 1,166km
6月 1,334km
7月 1,483km
8月 1,194km
9月  617km
10月 1,330km
11月 580km
12月 623km

累計 12,607km

大晦日にハマーさんと八百津サイクリングでクローズした一年間でしたが、山々の風景が普通にそこにある東海地方に、改めてサイクリングに適した自然環境が豊富だったことを実感させられました。

2012年8月18日 (土)

ただいま

みなさん、おはようございます。

うれしいことに…
たったいま、アンカー氏から北海道の写真DVD小包が届きました。

このたびは東北・北海道ツーリングを無事に走りきることができました。
安全に走れたことに感謝しつつ、今日も写真の整理などをしています。

今回は2週間ちかくの旅でしたので文章量も膨大です。
しばらく時間がかかると思いますが、徐々にブログアップしていきますのでどうかご容赦ください。

by.moris

2012年7月26日 (木)

虫対策

東北・北海道ツーリングの虫対策グッズ。

P10005762

左上:ポイズンリムーバ  中央上:ハッカ油  右上:フルコートF
左下:無水エタノール  右下:精製水

100mLのアトマイザー容器に、40ccの無水エタノールを入れる。
そこにハッカ油を数十滴入れて撹拌し、40ccの精製水を入れ撹拌。
これで「ハッカ水」のできあがり。

朝夕はこれを首筋や足など露出肌にかけてアブやブヨに刺されないよう予防する。

ポイズンリムーバは、もし刺されてしまった場合即座に毒を吸引し取り除くためのもの。
その後、フルコートF軟膏を患部に塗っておく。

備えあれば…だが、刺されないことを切に祈る。

2012年7月24日 (火)

青春18きっぷ

東北・北海道ツーリングまであと一週間を切りました。

旅の準備を進めていますが、そんな折、チケットセンターで今夏用の「青春18きっぷ」を購入してきました。

P10103012

5回分の利用権がついて、定価は11,500円。
でも、チケットセンターで買うと、11,300円と200円安い。

なぜでしょう?…でも、小さいことは気にしない(笑)

店員さんの説明によると、たとえば2回分使用し3回券として8月17日までに売却すると、買い取り価格は 6,300円になるそうです。

つまり、1回分が 2,500円相当ということですね。

ちなみに「C制」と押されたスタンプ印が見えますが、これはクレジットカードで購入されたことを表しているんだそうです。
(私はニコニコ、現金で買いましたけどね…笑)

2012年7月23日 (月)

Hello!

2012年7月22日(日)

日曜日、久しぶりに息子のへろちゃんと80kmほど走った。

P10102772

「朝飯が食いたい」というので、まずは「なかざわ家」で讃岐うどんを食べる。

そのあと国道19号の旧道で春日井市を抜ける。

P10102782

途中、明知というところで休憩がてら、たこ焼きも食べた。
はじめて食べたが、美味しかった。
なんだかこの店は人気があるみたいだ。

内津神社の前を登坂するコースは、へろちゃんと何度も走ったことのあるルートだが、内津峠の崩落通行止めはまだ続いていた。

バイパスのトンネルで多治見入りし実家による。

へろちゃんの身長はすでに私より高く、今回久々にロードに乗るため股下を測ってみると78cm…私より2cmも長い!(なんか悔しい!…笑)

P10102742

GIANT TCR composite0 が彼用のロード。
いろいろな装備を付けた状態で、7.8kgと家にあるロードでは一番軽い。
(ちなみにPINARELLOは9.0kg)
そのサドルを1.5cm上げて、後方に7mmほど移動させた。
ハンドルはすこしアップライドぎみに起こしたところ腰の痛みもなかったようで脇の角度も90度と丁度良いポジションが出せた。

でも、これ以上身長が伸びたらフレームサイズ自体を大きくしないと適応できないだろう。

P10102942

本当は八百津の「三勝屋」に行くつもりだったが、天気が曇ながら場所によっては雨が降りそうな様子だったので、可児から八曽を越え五郎丸経由で小牧の「来来亭」でラーメンを食べた。

しかし、へろちゃんは…よく食べる(笑)

2012年7月14日 (土)

長旅の原点は?

ロードバイクで初めて連泊の長旅へ出たのはいつ頃だったんだろう?

ふと、気になって調べてみた。

そうしたら趣味人の過去ログ(日記)を探したところ、たぶんこれだろうというのが見つかった。
それは2008年5月のゴールデンウィーク。
名古屋~大阪~京都~名古屋と走ったものだった。

日記を読みかえしてみたら…

初日の大阪までで、膝を痛めたことが書かれていた。
そういえば、この頃は乗車ポジションも良くなく、前乗りぎみで上から重いギアを「グイッグイッ」っと踏み込む走り方してたなあ(笑)
あのときは生駒山越えるところで痛みのピークが来てて、越えて大阪側に入ったときはホントに泣きそうだった(^^;)。

京橋の民宿で泊まったんだけど、近所のドラッグストアで買った湿布を一箱全部使って体中にベタベタっと貼ったなあ(笑)

またまた、その宿の息子さんが私と同い年くらいで…
たまたま同じ趣味とわかり自転車談義に花が咲いたんだった。

日記には、大阪のヤングマンさんと初めて逢って一緒に京都まで京都八幡木津自転車道というサイクリングロードを走ったことや、京都の夜は木屋町や先斗町(ぽんとちょう)を楽しみ、宵の口から6軒も梯子してしまったことが書いてあった。

そして、帰りも道行く人に地図を見せて場所を教えてもらい「がんばってくださいね♪」とか「僕も兵庫県まで帰るところなんです、道中気をつけていきましょうね」なんて、たくさんの方に親切にしていただいたとある…

「そうか~あのころから、変わってないんだなぁ~」って、改めて同じスタイルで旅してる自分に笑えてしまった。

今では、乗車ポジションもペダリングも疲れない方法になったので、もう湿布を貼ることもほとんどなくなったけど、今も一応リュックの中に入れてあるのは、もしかして…このときのトラウマだろうか?(笑)


Dcf_00202
(三重県関宿のあいづや…写真のクオリティ低いっ!…笑)

Dcf_00922
(京都八幡木津自転車道を初めて走った)

P50503632
(渡月橋にて…ファッションダサく、湿布貼りまくりです)



当時の走行記録【PINARELLO】

2008年5月3日(土)
名古屋~桑名~関~柘植~伊賀上野~木津~四条畷~関目~京橋
走行距離/172.31km
走行時間/8時間43分
平均速度/19.7km/h

2008年5月4日(日)
京橋~天満橋~桃谷~大阪駅~湊町~南森町~靱公園
走行距離/26.60km
走行時間/2時間03分
平均速度/12.9km/h

2008年5月5日(月)
靱公園~関目~大日~枚方市駅~淀川~木津川~桂川~嵐山(渡月橋)~京都市内
走行距離/86.61km
走行時間/4時間45分
平均速度/18.1km/h

2008年5月6日(火)
京都五条~山科~草津~近江八幡~彦根~関ヶ原~養老~羽島~祖父江~清洲~名古屋
走行距離/160.42km
走行時間/7時間15分
平均速度/22.1km/h


旅慣れたことで、安宿を見つけるのが上手くなったり、写真の腕も上がった。
SNS日記やブログを書くことで文章も若干だがマシになったかな…。

「継続は力なり」
by.moris

2012年6月29日 (金)

CS-6700 12-30T

「アルテから、12-30Tが出てるよ」と訊いたのが少し前のこと。

私は CS-4600の12-30T を使っているので、とりあえず必要ないのだが、その実測重量が332gと重かったので、このCS-6700 12-30Tがどのくらいの重さなのかが気になっている。

Web検索しても答えが出てこないのは、メーカーのShimanoが自社ホームページで数値を明らかにしていないからだと判った。

その後もいろいろ探してみたところ、CS-6700 12-30T以外のラインナップの実測重量を書いたページを見つけた。
http://item.rakuten.co.jp/bebike/cs-6700/

この数字から推測すると、CS-6700 12-30Tはおそらく 245g 前後と思われるが…どうなのだろう。

売買価格は、5,900円というのが今の相場のようだ。(CS-4600 12-30Tは、2,500円前後)

87gの差が倍以上とは…

2012年6月26日 (火)

輪行ノトモ

私は2時間以上の一人輪行に、ひとつの限界を感じます。
とりあえず車窓を眺めながらiPhoneで音楽を聴いたり、事前に調べたコースマップのプリントアウトを見たりしますが、それも長時間となると退屈になります。

暇つぶしになる、なにかいい輪行のお供はないものか…
考えた末に「そうだ、文庫本を持って行こう!」ということに。

探してみると、筒井康隆先生の旅のラゴスというSF小説が見つかりました。

老眼なので眼鏡は頭の上に乗せて読むことになるけれど…
好きなSF作品もずっと読んでなかったから…
1冊ならそう嵩張らないだろうし…

Amazonでの評も良さそうなので買ってみます。

みなさん、オススメの文庫本ありますか?
よろしければ、ご参考までにお聞かせ下さい。

2012年6月21日 (木)

どらみ食堂ツーリング

今日の記事…文章は、どらみさんが書いたものです。
彼女の許可をいただき転載させていただいております。
(写真は私が撮ったものを追加してあります)

たまには、こんなスタイルも…いいんじゃない?

******************************

どらみは雨女。
大抵の行事には雨の予報が決断を迷わせる。そして、今回もまた傘マークがスマホの画面を暗~く覆っていた・・・。

6月17日(日)
第一回 どらみ食堂主催の「新緑の瀬戸しなの~三国山自転車ツーリング」を開催した。メンバーはmorisさん、gogomuraさん、あべちんさん、ハマーさん、ほっさん、マイ蔵さん、Sさん、私の8名。プラス現地でお知り合いになったOさんも急きょ参加。9名の自転車好きの仲間が集い、緑に彩られた初夏の野山を駆け巡る旅に出る。

P10006672
(おいおい、いきなしゴールみてぁな写真で、ええんきゃ?)(o'A`)

ルートはこんな感じ↓
http://yahoo.jp/fIS2m7

当初8時半に道の駅「瀬戸しなの」に集合だった。しかし、前日からの大雨で時間を1時間半遅らせた。その判断が良かったのか、みんなが集う頃にはすっかり雨雲は過ぎ去って太陽が姿を覗かしていた。

そして10時過ぎに出発!!

「お~~~~!!」

走り出してすぐにmorisさんオススメの「栄泉堂」に立ち寄る。ここは「品野ロール」というロールケーキが美味しくてスポンジ生地が軽く、クリームと同化して溶けるような食感。甘さも程よく、私なら一本喰いもへっちゃらだ!

「どらみ、恐るべしッ!」

食後のあとのデザートを楽しみにして一同、三国山に挑む!!!

P10006742
(だちかんっ!栄泉堂の写真撮るのとったわ~)(≧o≦)


出だしからかなりの急こう配。運動不足の筋肉には堪えるしんどさ。心配して仲間が荷物を持ってくれる。トップギアにして進みは遅いけど少しずつ上って行く。

P10006842

汗が玉のように吹き出す。呼吸が荒くなり、脚が重くて上がらない。それでも、自力で上りたいから途中休憩を入れながらなんとか最初の目的地、「養蜂博物館」までたどり着いた。

P10007262

博物館では高尚なご婦人が私たちを笑顔で出迎えてくれた。みつばちの貴重なお話を聞きながら、ハチミツの利き比べをした。私は、ここのオリジナル「里のハチミツ」を購入した。
5月に集めたばかりの明石家さんま・・・いや、アカシヤを中心にブレンドされたハチミツを買った。

P10007912

ここで、早めの昼食・・・。
「どらみ食堂提供 おにぎりランチ!」

P10007972
(でら、うみゃあでかんわ~!)゚・。(⊃Д≦。)・゚。


よっぽどお腹が空いていたのか、皆さんほとんど完食。後でお腹、大丈夫だったのかな(笑)

P10007872
(これは、わしが奢ったったやつだで、よお憶えときゃあせ)┏| ̄^ ̄* |┛

品野ロールも一口で胃袋に収め、さあ、頂上イワシ・・・じゃない目指し、出発だよ~ん。

食べ物が入ったどらみのパワーは凄まじい。汗をダーダー流し、サングラスを曇らせ、自転車エメちゃんと呼吸を合わせながら頂上に到着~♪

P10008382

爽やかな初夏の風に吹かれて、展望台からの風景を眺めた。
ここは昔幼かった頃、よく父に車で連れてきてもらった思い出の場所。今こうして仲間と一緒に自力で上って来たということは私も歳を重ねてきた証拠である。

しっかり休憩もとって、さあ足湯に向かって出発だ~!!

下り坂でMAX43km/hの世界を体感する。不思議なほどにちっとも恐くない。それどころかスピード狂の血が騒ぐのか市街地へ入ると物足りなさを感じてしまう。

P10008742_2

石畳ふれあい広場にて足湯を体験。

なんと混浴♪

あたりまえか(笑)

自転車マンから数々の武勇伝を聞いてるうちに湯あたりしそうになり(笑)我慢できなくなって上がった。ひざ下からピンクに染まった脚をタオルで拭いて、集合場所道の駅「瀬戸しなの」へと急ぐ。

今日は父の日。

メンバーの中には、パパの帰りを心待ちにしている家族もみえるだろう。そんな中、こんなオバちゃんが企画したたわいもない行事に参加して下さった熱血自転車マン8名がここにいた。そんなメンバーに心からお礼を言いたい。

ありがとう。

予定時刻はまわってしまったけど、事故もなく楽しくツーリングできたことが何よりも嬉しかった。これからも果敢に山にチャレンジしていきたいと思う。でもな・・・。


「もうちょっと痩せて、脚力付けたら、もっと楽しめると思うよ。ねえ、どらみちゃん!」

by 自転車エメ 心の声(笑)

P10008122

*本日の走行距離 35km Av.18.7

******************************

2012年6月19日 (火)

自転車世界旅行ブログ その2

ひとつまえの記事で書いた、染谷さんが自転車の一人旅であるのに対して、なんとご夫婦で自転車世界旅行をしている方がいます。

Guruguru

ようことひろの自転車ぐるぐる世界旅
http://yokoandhiro.com/index.html

こちらはホームページ形式のサイトで、もちろんブログも有しています。
1977年生まれのお二人は、バックパッカー時代に知り合われ、その後2002年から自転車で旅するようになったと書かれています。

その魅力は何と言っても「ご夫婦で自転車旅行生活を送っている」こと。
出発から1350日以上!
そして今現在は西ヨーロッパを旅行中とのことですが、私一人でもあり得ないのに…うちじゃ想像すらできない生活スタイルです。

羨ましすぎます!(笑)

そしてもう一つの魅力は、文章と写真とデザイン…それらスキルの高さです。

まず文章。
主に、ひろさんが書かれていると思いますが、この文体がとても自然な流れで明快。
言葉にして読み上げると、まるで国語の教科書を読んでいるかのように、発音が小気味よい。
体言止めが、じつに気持ちよく決まります。
これって、やはり才能ですね。

つぎに写真。
「Photos」のタブに整理された写真たち…最高です。
これはもう記録写真ではないですね!
絵筆の代わりにカメラを持ってるんですよ!!
フォトショップでトリミングせずに、ここまでしっかり画面内に構図作って撮るのはデザイナーのセンスです。
実際、写真の中に様々なフォントで撮影地の名称が配置してありますからね…。間違いない(笑)

そしてデザイン。
ホームページ全体のイメージは、どこか手書き風を意識していますね。
とくに面白かったのは「goods」のタブです。
アイテム画像をクリックするとウインドウが開くように作られていますが、これらはテーブルとJPG・GIF画像をJavaスクリプトでコントロールする手法。
フラッシュなどの技術を一切使ってないところが趣味っぽくて好きです。

「Links」のタブには旅で知り合われた方々のサイトが掲載されています。
その中には、ご夫婦がタンデム自転車で世界一周したサイト

タンデム・トラベラーズ
http://www.h2.dion.ne.jp/~fumiya/

また「人が好き」っていう気持ちが伝わってくる写真満載の、たんたんさん&オカナさんご夫婦のブログ(自転車じゃないですが…)

世界一周!旅してる?
http://tantanokana.blog129.fc2.com/

こちらもなかなかオモシロイですよ。

ま、いずれにしても、夢のようなお話なのです…よ(笑泣)

より以前の記事一覧